キャッシングとクレジットの違い

ここでキャッシングとクレジットの違いを明らかにしておきましょう。両者を同じものと思っている人がいるようですが、違います。一般にクレジットというと、大きな買い物をした場合に、分割払いをするときに利用するのがクレジットカードになります。ビザやマスター、JBCなどが有名ですね。また、お買いものの時に、現金を持たずにクレジットカード払いにして、月末にまとめて支払うという使い方をするのもクレジットカードです。これに対して、ATMで、現金を借りて引き落とすのがキャッシングとなります。同じカードで利用することもできます。
しかし、キャッシングとクレジット利用は法律上区分けされているのです。厳密に言うと
年収の3分の1までの総量規制があるのがキャッシングです。それに対して、
クレジット会社が定めた上限まで利用することができるのが、クレジットなのです。
そして返済はリボ払い、または一括払い、そして自分で支払い回数を決める分割払いなどになります。
クレジットカードでのキャッシング利用もできます。逆の利用はできないケースが多いでしょう。つまり、キャッシングのカードしか作れない人、クレジットカードが作れない人というのが存在するのです。これは健全な生活をしてきたかどうかの違いでもあるのです。定職に就き確かな収入がある人なら、クレジット会社の審査が簡単に通るのです。しかし、そうでない人、収入がなかったり、極端に少なかったり、また、無職の人などではクレジット会社の審査は通りません。そのような人は、消費者金融の審査しか通らないのです。今現在沢山おお金を持っていても、過去に金融事故を起こした人も該当します。
アコムのキャッシングの場合、金利には大きな幅があります。
低い金利で利用できる人はごくわずかで、
ほとんどの人は最大値近くの金利で借りることになります。クレジット会社の審査が通る人は、そのクレジットカードで、買い物にしても、あるいはキャッシングにしても金利が低いなかで利用ができるのです。日ごろから正しいお金の使い方をしている人が、結局得をすると言えるのではないでしょうか。